オープンデータで新しい公共交通サービスを

これまでの取り組み

ドコシル・ココシルターミナル

リアルタイム運行情報サービス「ドコシル」

  • 鉄道やバスなどのリアルタイムな運行情報及び、時刻表の情報提供
  • リアルタイムな列車、バス在線情報や運行情報、時刻表情報の提供

01

スマートターミナルサービス「ココシルターミナル」

  • 駅、空港などの公共交通施設の情報提供
  • 施設混雑状況といったリアルタイム施設情報の提供
  • 位置情報を取得することによる、構内案内の実施
  • 構内案内ではBluetooth LEを用いたココシルマーカーを駅、空港施設に設置し情報提供を行うための実験を実施

02

公共交通データの多言語化手法の検討

機械翻訳を活用した多言語情報提供手法

  • 公共交通情報を提供するために必要となる辞書やコーパスの情報を整理

機械翻訳を活用する手法を検討

  • 駅名等は、かな、ローマ字表記などを整備

駅名や路線名などは辞書を整備し、IDと記載の対応表を策定

  • 各社がすでに整備済みのデータを纏め、フォーマットされた形で整理

運行情報の構造化

  • 運行情報の内容を解析し、記載内容に応じて他の言語での情報に変換できるように構造化をして提供

03

輸送障害時の情報提供サービス手法の検討

代替輸送手段の案内方法

  • 鉄道路線で障害が発生した場合に、鉄道だけでなくバスやタクシーなどへの乗り換えを促すサービス手法を検討
  • 空港で欠航が出た場合の代替手段の案内方法の検討
  • バスロケーション情報、電車のリアルタイム情報などを組み合わせて乗り換えを促す手法

他の事業者への情報提供

03

Copyright © 公共交通オープンデータ協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.